大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



第二回 『石加工』勉強会
0

    お盆も過ぎて朝などは日に日に涼しくなってきていますが、昨日は空を見ると秋を思わせる様な雲が。

    日に日に待ち遠しい秋が近づいて来ています。

    (しかし日中はまだまだ夏本番ですが・・・)

     

     

    昨日は栃北石材組合 第二回『石加工』勉強会を開催しました。

    前回は加工の《基本》を指導、今回からは《検定試験課題加工》を重視し指導していきます。

    予定としては11月の予定でしたが、

    理事会開催の際、

    「今の若者(加工の経験が無い者)にはそれでは遅い。もっと早くから教えないとだめだ!」

    との意見があり、月を繰り上げての開催です。

     

    まづ最初に先輩による試験課題の加工実技、支給材料の寸法を詰める為の大割り、左側面から天場加工までの平面加工手順を実践して見せ、そのイメージをつかんでもらいます。

    その後、受講者に加工実践してもらったのですが、いま少しイメージが持てていない様子でした。

     

     

    とにかく試験は時間との勝負!

    加工の技と共にイメージ作り=各面加工の時間配分が重要になります。

     

    第三回はまだ未定ですが、次回は《右側面のビシャン仕上げ》及び《正面の出紋(家紋)加工》を行います。

    それまでに今回の平面加工をマスターしておいてください。

    | 石工職人 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    《稲井石》の墓誌施工
    0

      今回墓誌施工の依頼を受けたお客様のお墓は古いお墓で

      外柵は大谷石、石碑は芦野石、中央に稲井石の大きな板碑が建っています。

       

       

      お客様の希望を伺った処、

      「現在のお墓の雰囲気を壊したくないので、一般的な御影石(特に白御影)は使いたくない。」

      との事。

      となると現在使用されている材質の物に絞られます。

      芦野石では今のサンドブラストによる刻字には不向き、必然的に稲井石が選択されます。

       

      《稲井石》、一般的には《仙台石》と呼ばれている水成岩(粘板岩?)で

      宮城県石巻付近で産出、古くから記念碑などに使われている石材です。

       

      こちらが今回使用する稲井石の墓誌板です。

      寸法は一般的な墓誌サイズの2尺×2.5尺×2寸

       

      刻字にあたっては今回初めて扱う石材ですのでどの様な物か?

      事前に調べてみると、写真でお分かりの様に《木目》の様な目があります。

      固い部分、柔らかい部分があるので低圧で少しづつ彫る様にすると良いとの事。

      ですが、今回の戒名等の細かい刻字には普段通りの彫り方で問題無い事が解りました。

      基本的に石質は柔らかく、又、彫口も綺麗に彫れます。

       

      台石は芦野石

      取り付ける前にお客様が確認したいとの事でしたので、取り付け当日現場にてご覧いただいたところ

      奥様にも大変気に入って頂き、無事施工が完了いたしました。

       


       

      | 石工職人 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      手水鉢作成
      0

        お客様の注文で《手水鉢》を作成しました。

         

        リホームを専門とする建築会社の会長様ですが、今後箱庭の施工も手掛けていきたいとの事で、会社前に見本としての箱庭を造る計画をしているそうです。

        《せせらぎ》を造ってそこへ置く手水鉢を造ってほしいとの事。

        寸法は50cm×60cmの六角形、厚みは60cmで正面に文字を刻む設計です。

         

        他にも色々とお話しを伺っていると《茶道》の趣味がおありとか。

        (ならば自然石を使った方がよいのでは?)

        と考え、丁度手ごろな大きさの《六方石》が在庫として置いてありましたので勧めてみたところ、大変気に入っていただき、細部の加工仕様や刻字を打ち合わせし、加工に取り掛かります。

         

        完成した手水鉢がこちら。

         

        内部は水磨き仕上げ。

        水は《湧水》の様に下から湧き上がる仕掛けにしたいとの事で水道管を通す穴がほってあります。

         

        正面に彫った文字は『続歩道成』

        会長様の座右の銘で、「歩み続ければ道成る」

        良い言葉です。

         

        先日、会長様に仕上がりを確認していただいた処、

        「当初のイメージよりグレードの上がった手水鉢に仕上がってます。」

        と嬉しいお言葉をいただきました。

         

        今回、私自信初めて六方石の加工を手掛けましたが、表面の《薄革?》部分は想像通りにもろい事、反面、内部は想像以上に硬く手作業では加工が困難である事が解り良い経験が出来ました。

        | 石工職人 | 05:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        『那須高原ロングライド2016』
        0

          昨日開催された『那須高原ロングライド2016』、走って来ました。

          今年は長女も一緒に《チャレンジ70km》に参加

          前日の大雨と打って変わり、ものすごい好天気に恵まれました。

           

           

          開会式、総合司会はお笑い芸人"だいまじん"のだいじさんと、"サイクルライフナビゲーター"の絹代さん。

           

          初参加の長女はエイドステーションに興味があるらしく、各エイドに寄りたいとの事、

          《チャレンジ70km》にはエイドが7個所。

          出来るだけ時間を稼ぐべく、早いスタート順を取ろうと早めに並んだ処、70kmコースのトップスタートの位置を確保!

          今年はゆっくりとロングライドが楽しめそうです。

           

          AM8:00頃? 70kmコーススタート。

          今回は時間はたっぷりありますので力を温存しながらのんびりと。

          (それでも後続のライダーに抜かれているとつい・・・)

           

          AS1千振 開拓者のおもてなしエイド、AS2那須フラワーパーク ビタミンエイドてはドリンク・饅頭・バナナで補給、那須ヒルクライムに備えます。

          何時もながらのトレーニング不足での参加でしたが順調に《那須動物王国》前をクリア。

          (この先長女においていかれますが・・・ あせ)

           

          AS3 M.tジーンズ カフェエイドで後半の上りに備えて十分な補給とストレッチ、一気に今回の最高標高1043m八幡崎を目指します!

           

          AS6 八幡崎 一望閣エイド到着

           

          ここでは山岳100・80・70kmコース参加者しか味わえないご褒美、那須・ロング名物の鰻のおにぎり『うなぎり』が食せます。

          ただし一人一個。

           

          「これが食べたくて那須を上る」そう言う言い方をしても良いくらい、本当に美味しいんです!

           

          さて、ここからの下りは御約束のグループで下山します。

          初心者の長女にとっては初のグループダウンヒル、心配でしたが今回の先頭の方が慎重に下ってくださったのでスピード的には問題なく安心して下る事が出来ました。

          (但し、ブレーキングの時間が長くなりましたので握力的には結構つらいものが・・・)

           

          次のエイド、AS10になります、那須りんどう湖LAKEVIEW みんなのエイドに11:50到着。

          ここがちょうど中間地点、後半の芦野エリアに備えて十分に休息。鳥の唐揚げが美味しかったですね。

           

          さて、後半の芦野エリアはAS12道の駅東山道伊王野までほぼ下り。

          下りですが やはりこの区間で前半ヒルクライムのダメージが右膝に・・・

          痛む膝をごまかしながらペダルをクルクル、なんとかまだ行けそうです。

           

          伊王野エイドにて休憩中、突如目の前にこんな物が乱入!

          戦時中のハーレー?だそうです。わからんけどスゲ〜!

           

          そしてここが最終エイド、AS16 芭蕉の館 和スイーツエイド。

           

          浴衣姿の女子からいただく冷たいおしぼり、炭酸饅頭や黄な粉餅にしそもち。

          鰻の骨の唐揚げもありましたね。

          次から次へとふるまわれますが次から次へと完売。

           

          そしていよいよラストラン。

          ここからゴールまでは緩い上り区間、一番足にくる区間です。

          右膝をごまかしながら走る私を長女がスル―、一度追いつき

          「残り少しだから自分のペースで行っていいぞ。」

          段々遠ざかっていく長女を見送るしかない父でした。

           

           

          何やかんやとPM2:30頃にゴール。

          先にゴールしてた長女と合流して、まずは《那須和牛焼き》をいただき、完走証・記念品を受け取り、冷房のきいたホール内でしばし休息。閉会式は4:00からです。

           

          閉会式

          まずは《ブラーゼン》・《ブリッツェン》各選手の感想

          そして各表彰式(遠方・最高齢賞・募集標語優秀賞など)

           

          那須町高久町長のあいさつ

          これからも色々なイベントを考察中とか、楽しみです。

           

          今年は那須の下り区間で参加者の事故が2件程あった様子でしたが、確かに路面が荒れている処もあり危険を感じる個所があります。

          高久町長には路面の改修を希望すると共に、我々チャリダーもそういった個所を安全に走行出来る技術を身につけなければなりませんね。

           

           

           

           

          | 自転車で走ろう | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          平成28年度第一回『石加工』勉強会
          0

            本日、栃北石材組合による、平成28年度の第一回『石加工』勉強会を行いました。

             

             

            今年度の《一級技能検定試験 後期・石加工作業》受験者は

            栃北からは三名。

             

               

             

            第一回の今回は、《石加工の基本》(道具の使い方・作業工程)のレクチャー。

            親方・先輩の指導の基、慣れない道具と石との格闘です。

             

             

             

            第二回は11月に《検定試験課題加工》を予定しております。

            それまでに各自、今回習った《技》をマスターしておくように!

             

            | 石工職人 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << August 2016 >>
            + PROFILE
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            このページの先頭へ