大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



第38回 栃木県『技能展』開催
0

    先日の29日〜30日の二日間、第38回栃木県『技能展』が開催されました。

     

     

    今回は

    『ものづくり体験コーナー』では、参加していただくお客様への《公平性》・《待ち時間解消》の為、1グループの時間・人数を制限して実施いたしましたが、何も混乱も無くスムーズに運営出来たように思います。

    二日目は台風の影響を考慮し、予定より一時間早くの終了となってしまいましたが各技能士会のブースは満員御礼、石工技能士会の《まが玉つくり》も沢山の子供達に楽しんでもらえました。

     

     

     

    | 石工職人 | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    第38回 栃木県『技能展』が開催されます
    0

      9月29(土)・30(日)の二日間

      栃木県宇都宮市の《オリオン通り》アーケード街にて

      第38回栃木県『技能展』が開催されます。

       

       

      合わせて各職種技能士会によります『ものづくり体験コーナー』も開催!

       

      開催時間は両日共AM10:00〜PM4:00

      今年は各コーナー共、1グループ10名×6グループ、一日計60名に限定されます。

      人気のコーナーは即締め切りになる可能性がありますので早めにお出かけください!

       

       

       

       

       

      | 石工職人 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      平成30年度(前期)技能検定試験《石張り作業》実施
      0

        昨日の7月10日

        鹿沼市『鹿沼市地域職業訓練センター』において

        平成30年度(前期)技能検定試験《石張り作業》を実施いたしました。

         

         

        今年は1級受験者4名、2級受験者1名の計5名。

        標準時間内に終了した者1級・2級それぞれ1名

        打ち切り時間内終了者2名

        残念ながら1名は未完成で失格となりました。

         

        | 石工職人 | 04:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        技能検定《石張り作業》リハーサル
        0

          昨日関東地方に《梅雨明け宣言》が出された様で

          いよいよ夏本番を迎えようとしております。

           

          そしてこの時期と言えば技能検定(前期)試験。

          石材施工(前期)の《石張り作業》試験は7月10日に実施いたします。

          今年は1級受験者4名、2級受験者1名の計5名。

           

          昨日、某石材さんの工場をお借りしてリハーサルが行われました。

          (1級受験者1人欠席)

           

          (※試験当日は長袖作業着・ヘルメットの着用がお約束です。)

           

          標準時間(3時間30分)経過

          両側の二人は仕上げ段階に入ってますが、間の二人は・・・

           

          打ち切り(4時間)で終了。

          両側の二人は標準時間20分程オーバーで完成、間の二人は完成することが出来ませんでした。

           

           

          終了後、それぞれの作品を見せてもらった結果、4名共それぞれ《仕様》に改善点が見受けられました。残り9日、あまり時間がありませんが全員合格を目指して頑張ってほしいものです。

          | 石工職人 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          梵字の《薬研彫り》が完了
          0

            五輪塔の四方、全20文字の《薬研彫り》が完了しました。

             

            正面(東面)【発心門】キャ・カ・ラ・バ・ア

             

            右面(南面)【修行門】キャー・カー・ラー・バー・アー

             

            裏面(西面)【菩提門】ケン・カン・ラン・バン・アン

             

            左面(北面)【涅槃門】キャク・カク・ラク・バク・アク

             

            今回、《薬研彫り》を施すにあたり、改めて五輪塔・梵字について色々調べましたが理解するのは中々難しいですね、奥が深いです。

            例えば五輪塔四方の【発心門】【修行門】【菩提門】【涅槃門】は《悟りへの四段階》を表しているそうです。

            hsnemuさんのブログより。

            http://blog.livedoor.jp/hsnemu/archives/4576773.html

             

            梵字・薬研彫りについては茨城県真壁町の『坂口石材工芸』さんのホームページ

            「五輪塔に彫る梵字の意義と薬研彫りについての解説を掲載しました。」

            http://www.sakaguchi-sekizai.co.jp/7966.html

            より抜粋して使わせていただきます。

             

            『五輪塔に梵字の種子を彫るのは、そこに仏を迎えて仏塔にするためで、祖霊を祀るにふさわしい清淨な淨土にすることができます。梵字、とくに日本に伝えられた悉曇梵字は、古代インドの美しい文字ですが、仏教経典の原典の記述に使われた神聖な文字でもあります。そして梵字の種子とは、仏や菩薩が包蔵する仏智や仏果など一尊のもつすべてを一字の梵字で象徴表示するものです。すなわち、種子は単なる仏のイニシャルではなく、仏そのものと考えられ、各尊の尊名、あるいは真言(さとりを成就するための真理を梵字に託したもの)から一字をとっています。

             

            この梵字は、僧侶によって仏塔に墨で書かれたこともありましたが、正しくは薬研彫りという方法で一字一字、ていねいに彫られます。漢方で薬種を粉にするときの器具を薬研といいますが、この器具のようにV型に彫り込んで舟型になる彫り方を薬研彫りといいます。』

             

             

             

            以前にも一度、お寺からのご指導で四方に梵字を刻んだ事がありましたが、(その時は《サンドブラスト》で一般的な彫りでした)やはり《薬研彫り》ですと《風格》が感じられて良いですね!

            また機会があれば刻んでみたいと思います。

             

            | 石工職人 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            『梵字』の薬研彫り
            0

              以前から (やらなければ!) と思っていた小タタキ五輪塔の梵字の《薬研彫り》

              ようやく着工いたしました。

               

              始めはどの様に《ノミ》を入れたら良いのかおっかなびっくりで始めましたが、

              要領をつかめば思っていたより簡単です。

               

               

              昨日で二日目、《空》・《火》・《水》・《地輪》の正面が彫り終わりました。

               

              こうして見ると薬研彫り梵字の五輪塔・・・

              完成が楽しみです!

               

               

              | 石工職人 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              『栃木県石工技能士会』会長に就任
              0

                昨日開催の

                『第八回  栃木県石工技能士会総会』において

                第三代会長に就任する事となりました。

                 

                性格柄、会長・部長といった役職には不向きな私ですが

                選ばれたからには石工技能士会の発展の為に努力する所存です!

                 

                会員、そして関係者の皆様、宜しくお願いいたします。

                 

                | 石工職人 | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                平成29年度後期技能検定試験《石材加工作業》
                0

                  本日、『平成29年度技能検定試験・後期《石材加工作業》』が行われました。

                   

                   

                  受験生は三人、ぞれぞれ皆【一級技能士】受験です。

                  皆、標準時間をオーバーしたものの打ち切り時間内に作業終了。

                  仕上がり具合もこれまでの練習の成果が十分に発揮出来たものと評価できる仕上がりでした。

                   

                   

                  今回は皆《学科試験》は免除ですので3月16日の合格発表にて【石材加工作業・一級技能士】になれるか!

                  楽しみですね。

                  | 石工職人 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  『とちぎ技能五輪2017』閉会式並びに成績発表
                  0

                    二日間の競技を終えて大会最終日

                    会場を《栃木県体育館》に移して閉会式

                    そしていよいよ成績発表が行われます。

                     

                    会場に入ってすぐ、メダルが展示してありました。

                     

                    一般席は二階、先行してきた知人が席を確保しておいてくれました。

                    一階フロアーはカラフルな各県代表のジャージを着た選手で埋め尽くされてます。

                    (私達の頃と違って華やかですね)

                     

                    いよいよ成績発表

                    私達の頃は事前に結果が報告されてからの表彰でしたが、最近は直前に発表される《サプライズ形式》で行われている様です。

                     

                    発表・メダル授与は競技番号の逆順から、石工は18番、最終職種番号は42番ですので金野君・斉藤君のお父さんがたは、ビデオ・カメラを片手にまだかまだかとそわそわ

                    (私は結果を知ってますけど・・・言っちゃだめですよ〜)

                     

                    いよいよ石工の発表です!

                    『敢闘賞』は該当者無し 

                    (おや?)  (良い意味で)

                     

                    第3位の銅賞は!

                    おっ! 金野君! やりました!

                    敢闘賞ではなく銅賞です!

                     

                    第2位の銀賞は!!

                     

                    そして金賞!!!

                    さすが香川県代表!

                    彼の作業を見ていると、ペースは他の選手よりもゆっくり丁寧に、一面一面をしっかりと加工してました。

                    ペースがゆっくりな分、後半でひやひやさせられた感もありましたが、終了時間ピッタリに仕上げて来る。

                    以前視察した千葉県大会の時に見た香川の選手も作業内容は同様、これが香川県石工の指導法なのかもしれませんね。

                     

                    受賞した4人の皆さん、おめでとうございます。

                     

                    そして他の職種でも受賞された選手皆さん、おめでとうございます!

                     

                    栃木県選手団としては

                    金4個 銀4個 銅7個 敢闘17個 計32個のメダルを獲得し

                    全国第3位で《優秀技能選手団賞》をいただきました。

                     

                    各表彰式の後は大会旗の引継ぎ

                    次の開催県は《沖縄県》です。

                     

                     

                    閉会式終了後、石工職種で優勝した住友君に会う機会があり、せっかくですので《金メダル》を首にかけてもらっての記念写真を撮らせてもらいました。

                    ありがとうございました!

                     

                    さて、二年前に《第55回技能五輪全国大会》が栃木で開催されると聞いてから、(何らかのかたちで大会に参加したい)と思ってましたが、今回《競技員補佐》と言う役をいただき、競技員の皆さん・各若手選手達、そしてその関係者の皆さんと過ごした4日間、実に充実した貴重で楽しい4日間でした。

                    次回は《沖縄》・・・これに行くか・行けるかは分かりませんが、その次には私自信が参加しょうとしている『第30回技能グランプリ』があります。

                    《グランプリ》は一級技能士の日本一を決める競技。

                    いつか、今回の若手技能士達がグランプリに挑戦する時、目標になる様な成績を残せるよう今度は私が頑張らねば!

                     

                    今回の技能五輪競技結果はこちらからご覧いただけます。

                    http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/saishin_taikai.html

                     

                    | 石工職人 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    『とちぎ技能五輪2017』競技の二日間
                    0

                      11月25日(土)午前9時、競技員の吹くホイッスルの音と共に競技が始まります。

                       

                      競技は

                      間に休憩をはさみながら、一日目6時間45分・二日目3時間15分、計10時間で課題の作品を作り、時間延長の有無・作品の精度・仕様誤り・視感による評価で順位を競います。

                       

                      栃木代表の金野君

                      同じく栃木代表の斉藤君

                       

                       

                      時間の経過と共にギャラリーの数も増してきました。

                      ギャラリーの皆さんも普段見慣れない《石を加工する》光景に興味津々。

                      たまに気分転換を兼ねてフェンスの外へ出て見ていると、ギャラリーの方から道具や加工方法についての質問を受けます。

                       

                      午後5時頃、一日目の競技終了まじかです。

                      二人共ほぼ同じペースで作業が進んでいる様子、

                      他の選手より若干リードしている様にも見受けられます。

                      休憩中に調子を聞くと

                      「今までの練習時より良いペースです。」と頼もしい返事をいただきました。

                      見た目にもこれといったミスも無く上々の仕上がり(他の選手全員も)、この調子で明日も頑張ってほしいものです。

                       

                       

                       

                      競技二日目

                      26日(日)午前9時スタート、選手から緊張が抜けたのでしょうか? 会場内が落ち着いた雰囲気で競技開始です。

                       

                      二日目前半を終えて午前10時30分

                      競技時間も残すところあと1時間と45分

                       

                      ここへきて少々不安な雰囲気になってきました。

                      栃木の二人もそうですが、選手全員を見ても

                      (時間内に終わるのかな〜?)

                      しかし、そこはこれまでの練習の成果か全員が終了まじかに仕上げてきました。

                       

                      午後12時30分、競技終了のホイッスルが鳴ると同時に競技員から

                      「延長の必要な方はいますか?」

                      (・・・)

                      (延長を希望する選手は無し)

                      会場内に大きな拍手が鳴り響き競技は無事終了となりました。

                       

                       

                      この後、選手は解散、即日審査となつて明日の成績発表を残すのみとなりました。

                       

                      選手の皆さん、お疲れ様でした。

                       

                       

                       

                      | 石工職人 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + LINKS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ