大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



自転車用ハンドル取り付け《レトロ防水時計》
0

    ヤフオクで落札した時計(新品)が届きました。

    タイトルの通り自転車に取り付ける時計です。

    乗り始めの頃は《サイクルコンピューター》なんてデジタルな物をつけてましたが、

    次第にアナログ化した私にはこちらの方が好みですね〜

     

    裏側はこの様にくぼんでいて、ここをハンドルにかませて取り付けます。

     

    《ラバーシート》を挟んでネジを締め込み固定する様ですが、《ラバーシート》は挟まない方がしっかりと固定出来ます。

     

    取り付けてみました。

    良いじゃないですか〜

    | 自転車で走ろう | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    『那須高原ロングライド2018』無事に完走!
    0

      7月8日(日)に開催された『那須高原ロングライド2018』

      今年も《チャレンジ70km》コースを走ってまいりました。


      心配していた天気もどんよりとした曇り空、

      山岳での雨が心配されまたが

      一時シャワー程度の雨が降っただけで

      比較的涼しく走れた点ではある意味恵まれた天候でもありました。

       

       

      《前半の山場越え》ポイント《M.tジーンズエイド》

      昨年は後輪のスポークが折れて走行不能になるアクシデントに見舞われ、無念にも棄権を決断した苦い思い出の残るポイントでもありますが、今年は無事に到着です。

       

       

      毎年の事ですがトレーニング不足で臨んでいる那須・ロング、

      足に不安があった物の結構動いてくれていましたね。

      途中《足付き》もなく70kmコースの最高峰地点に到着。

      『八幡崎展望台』標高1,040m

      そして山岳コースを制覇した者だけへのご褒美《うなぎり》

      昨年はいただけなかっただけに美味しさは格別!

       

       

       

      この後は那須を下り芦野町までほぼ下り、

      《道の駅エイド》そして最後のエイド《遊行柳エイド》を過ぎてゴールを目指すわけですが、

      ラスト6kmのコースが一部変更になっており、なんだか上りが増えてませんか!?・・・

      特にゴール手前3km付近の直線の上り坂はキツカッタです!

       

       

       

      そんなこんなで今年は無事に完走する事が出来た『那須・ロング2018』

      やはり《上りきった!・走りきった!》この《達成感》が何とも言えません。

      最近は二女もロードバイクに乗りたいなんて言ってます。

      来年は親子3人とプラスαでの参加になりますかな?

       

       

      | 自転車で走ろう | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      明日は天候に恵まれますように!
      0

        今夜は《七夕》

        残念ながら星空は見えませんが・・・

        願いはただ一つ!

         

        明日の『那須高原ロングライド2018』

        天候に恵まれますように!

        | 自転車で走ろう | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        《VIVALO》フレームがついに!
        0

          再塗装を頼んでいた《VIVALO》フレーム

          二週間程前に仕上がりの連絡をいただいていたのですが、

          昨日、東京墨田区の『イーストリバーサイクルズ』さんまで一っ走り、

          受け取ってまいりました!

           

           

          こちらは《NISHIKI》 当日の朝トレでの一枚

          今日この日にふさわしく、実に清々しい朝でした。

           

           

          さて、仕上がったフレームは

          before

          after

           

          before

          after

          今回は思い切ってベース色には濃い《赤》を指定、(メタリック仕上げになってます)

          ビンテージ感を持たせる為に《シートチューブ》と《ダウンチューブ》に《白》の胴抜き、ロゴは購入当時に付いていた旧タイプのロゴで仕上げてもらいました。

           

          早速パーツを組んで記念撮影 

          ※コンポは72デュラ (ハブ・スプロケットはジュラ)

          素晴らしい自転車に生まれ変わりました!

          | 自転車で走ろう | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          VIVALOフレームの復活
          0

            これまで何度か塗り替えられた《VIVALO》フレームですが

             

            入手当時のオリジナル塗装のVIVALOは《パールホワイト》

            キズ・錆が気になって再塗装(自分での簡易塗装)《アイボリー》に《白の胴抜き》

            納得いかずに再々塗装した現在のVIVALO《ホワイト》

             

            それなりの仕上げで一件落着したかに思えたのですが、そこはやはり素人仕事、プロの施す塗装に比べるとやはり美しさに物足りないものが感じられ、何度かショップに依頼する事も考えましたが塗装費用は¥30,000〜が相場、

            (私の一月分の小遣分、それ以上ですね〜 悲しい )

            しかしこのままではせっかくのフレームが《宝の持ち腐れ》になってしまう・・・

             

             

            そんな中、

            先日仕事の都合で東京へ行ってまいりましたが、たまたま近くの区(地下鉄で30分程)に、VIVALOのディーラーショップがあるではありませんか!

             

            墨田区にある『イースト リバー サイクルズ』さん

             

            以前からこのショップは存じ上げておりましたし、VIVALOの塗装を頼むなら(ここかな)と思っておりました。

            せっかくのこの機会、立ち寄って色々と相談に乗って頂いたのですが、これを機にようやく完璧な塗装を決意!

            後日改めて塗装依頼をお願いしてきました。

             

            イメージとしてはこんな感じ

             

            見積もり金額は約¥40,000、その後、最終確認の段階で一部ロゴの色を変更、又、自塗装の際、《サンドブラスト》で剥離しましたので下地が荒れていると改めて下地処理が必要になるかもしれません、場合によってはもうちょっとアップ ?・・・

             

            しかし、今回正規のショップに塗装を依頼したことで愛車VIVALOフレームが本物に生まれ変われる!

            そう考えれば安い価格なのかもしれません・・・

            納期までは約二カ月との事、楽しみです!

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 自転車で走ろう | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            再び悲劇が襲った『那須高原ロングライド2017』
            0

              さて今年もやってまいりました『那須高原ロングライド2017』(7/9開催)

              昨年に引き続き長女と共に《チャレンジ70》コースに参加です。

               

              今年もゆっくりライドを楽しもうと早めのスタート、序盤は皆さんものんびりペースで那須岳を目指します。

              途中、二カ所のエイドで冷たい飲み物や美味しいお菓子のおもてなしを受けながら順調な走り、今年はトレーニングの成果が出ているようですね。

               

               

              そんな時、スタートから約20kmを過ぎたところ(二年前の悲劇の現場と同じあたり?)で後輪あたりから《パチッ》と嫌な音が!

              (しまった!又パンクか?)

              止まってタイヤを確認するもパンクはしていない様子、

              はて、気のせいか?

              と次の瞬間、何故かホイールが回らない!!!

              えっ!何で!

               

              そこへ、今回も現れてくださいました!《サポートライダー様》!

              「どうしました? 」

              「いや!なんだかホイールが変なんですよ〜・・・」

              一緒に後輪を点検するとスポークが一本折れているのを発見!

              スポークのテンションが狂った為にホイールが歪んでブレーキに接触してしまったんですね。

               

              「マビック車が来ればスポーク持っているかもしれませんが、とりあえず応急処置で。」

              と、ブレーキを解除し、他の《ニップル》を調整して歪みを最小限におさえる処置をしていただきました。

              (それでもブレーキとの接触は無くなりませんが・・・)

              応急処置をしていただきサポートライダー様と別れ、先行した長女を追います。

               

               

              『那須動物王国』前、

              ここからは前半一番のきついポイント、ただでさえきつい勾配に加えてホイールにブレーキ接触の負荷が掛かってます!

              (だめだ!)

              那須・ロング参加以来、初めてこのポイントで足をついてしまいました・・・

              しかし、余計な負荷の掛かるペダルに負けただけで

              (言い訳ですよ〜)

              足は動きます、時折びっこを引く自転車を引きずる様に《Mtジーンズエイド》めざして歩いて先へ進みます。

               

              《Mtジーンズエイド》到着、

              先行した長女を探していると私の前に、

              今度はコース内を巡回してサポートしていただいている自転車屋さん様が登場!

              (サポートライダー様から連絡を受けて私を探してくれていた様でした。)

              (ありがたい 悲しい)

               

              「スポーク一本取り付けですので○○○円掛かりますが」(自転車屋さん)

               

              ホイールの修理をしていただける事は《願ったり叶ったり》なのですが、私の自転車は70年代のパーツで組んでいる古い物、しかも、スプロケット側のスポークなので《ボスフリー》を抜かなければなりませんが工具があるかな〜・・・。

               

               「初期の《デュラエース》ですから二つ爪の専用リムーバーが無いと・・・ありますか?」(私)

               

              当然今時そんな物は持ち合わせているはずはありませんでした。

               

               

              ならばと

              色々な方法で対応していただきましたがこの場での修理は不可能と判断、

              ここで《今年はもう棄権だね》を決断し、自転車屋さん様にその旨を伝え、御礼を言って長女のもとへ、

              事情を説明し《父は棄権する》事を申告、この先どうするかを問うた結果、長女は完走を目指して走り去って行きました。

              (がんばれよ〜 無理するなよ〜)

               

               

              さて、棄権したからにはここから会場に戻らねばなりませんが、ブレーキが異常のこの状態で下りの自走は危険ですので無理、考えた末、

              さまざまな理由から妻に☎

              「・・・な訳で、ドライブがてらに救助に来てくれない?」(私)

              (無理しなくて良いけど)

              「いいよ」(妻)

               

              それからしばし

              妻の到着待ちの間

              ポッツン〜と独りぼっちの図

               

              それから一時間経過、妻に現在位置確認の☎をすると、まだ那須町入口付近で道が分からず迷子になっているとの事・・・

              再び

              (これはだめだ)

              妻への救助要請は丁重に断り、《レスキュータクシー》を呼びます!

              那須町にはこのイベントが始まってから、この様なトラブルがあったサイクリスト用の《レスキュータクシー》と言う(有料)サービスがあります。

              連絡してから20分程でタクシー到着、自転車を積み込み無事会場へ帰還いたしました。

              (始めからこちらにすれば良かった)

               

              今回(二年前の経験も踏まえて)改めて学びました。

              この様な古い自転車でロングライドイベントに参加するのなら、予備パーツ・専用工具は自ら持参しなければならないと!

              次回からは予備パーツ・工具をフル装備で参加しようと!

              (無理な部分もありますが出来る限りは)

               

               

              ちなみに長女は無事、70km完走いたしました。

               

               

              | 自転車で走ろう | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              《ブルーノ》にフロントキャリア・バッグを付ける
              0

                さて、基本的なレストアが完了した《ブルーノ》、

                乗り心地ですが・・・『楽しい!』 

                この一言!

                なんのかんのと講釈は一切不要! 毎日楽しく乗らせていただいております。

                 

                 

                今回の《ブルーノ》のレストアでは、変速機一式・ブレーキレバー・サドル・ペダルを他の自転車(ランドナー)から移植、その他パーツは処分するとしても、残る《フロントキャリア》と《フロントバッグ》は生かせたい、そんなわけで今回はフロントキャリア・バッグの取り付けを行います。

                 

                先ず手持ちのキャリアですが、日東の《フロントキャリア M-18》、こちらはキャリパーブレーキフレーム対応で、キャリアのステーはゴムバンドでフォークに固定するタイプ。

                このまま取り付けても良いのですが、位置がかなり低くなりタイヤすれすれ、今後《泥除け》を付ける事を考えると無理があります。

                しかもこの位置でバッグを載せて見ましたが見た目が最悪・・・

                 

                であればもう少し高めの位置に設置しなければならない。

                それにはステーを長くする?

                試しに日東・他メーカーのスペアパーツを探しましたがそれらしき物は見つかりません、見つかったとしてもそれなりの価格が予想されます。

                ならば何時もの最後の手段、《カインズホーム》さんで手ごろな部品を探して見ましょう。

                 

                まず取り付け方を考えます。

                ステーの交換は無理ですので、ステー先端(バンド取り付け部)をカンチブレーキ台座に固定できる方法は何かないか?

                有りました!

                6mm穴のL字金具

                ブレーキ台座にもジャストフィット!ここにステー先端を固定します。

                 

                フレームに固定するステーも長くする必要がありますので、こちらは何時もの《穴空きアルミステー》をグイッと曲げて

                ブレーキワイヤーの通る位置を計算して曲げればボルトの穴もこのように利用出来ます。

                (ちょっとずれたのでヤスリで穴をガリガリと!)

                 

                キャリア取り付け完了です。

                取り付け位置もまずまず、結構しっかりと固定されてますよ。

                 

                次にバッグです。

                バッグは背面のベルトをハンドルに巻いて固定しますが今回はハンドルより低い位置になりますので直接ハンドルに届きません。

                通常ならこの様なパーツを使います。

                 

                日東 便利ホルダー

                私も所持してますが、今回は長さがわずかに足りない!

                従ってこの様な物を作ってみました。

                 

                《ボトルケージ》をハンドルに取り付けるアタッチメントですが、これを適当な長さのステーに取り付けてハンドルにぶら下げる様に固定。木製バーにバッグのベルトを止めれば

                 

                (イメージ)

                 

                写真はアタッチメントを取り付け後、訳あって外した後のものです。

                と言うのは、一度取り付けてしばらく眺めていたのですが何か・・・

                バッグが大きすぎるのか・・・

                なにか野暮ったい感じがします。

                (やはりブルーノはシンプルな姿が良い)とアタッチメントは外してしまいました。

                キャリアはそのままにしておいて、必要に応じてバックを取り付ける、そんなスタイルで良いでしょう。

                しょんぼり

                これにて『ブルーノ・レストア』全て終了といたします。

                 

                 

                 

                | 自転車で走ろう | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                久しぶりに《自転車レストア》
                0

                  最近、ちょい乗り用に《ミニベロ》を一台欲しいな〜とオークションを物色しておりますと、スイスの《ブルーノ》と言うブランドで、安値の一台(ジャンク品)が出品されているのを見つけました。

                  《ブルーノ》はミニベロのジャンルでは結構人気のブランド。

                  娘の自転車も《ブルーノ》です。
                   

                  出品の品は(後の調べで)2008年モデルの《Minivelo 20 Mixte (ミキスト) 》

                  白のベースカラーにグレーの胴抜き、良い色です。

                  ジャンク品とはいえパーツも丸々一台分揃ってますので、ワイヤーやその他の小物を交換すれば何とかなりそう。

                  即入札し、先週末に無事に納得の価格で落札!

                   

                  しかし、この度の入札時には大事な事を忘れていました。

                  このようなパーツの付属した自転車の場合は、《ステム》・《シートポスト》などの《パーツの固着は無いか》を確認するのが鉄則です!

                  これまでフレーム単品でのオークションばかり経験していた私はこの鉄則が頭に浮かばなかった・・・

                  届いた品の確認の段階で、《ステム》と《シートポスト》が見事なまでにガッチリと固着してるのに気が付きました!

                   

                  さて、こうなりますとこれまでに未経験の究極的なレストアとなります。

                  固着した《ステム》・《シートポスト》の取り外しにはいくつか方法がある様ですが、一般的にきは潤滑剤を浸透させながらパーツを万力に挟みフレームを捩じる。だめなら頭部を切断し、内側から金鋸で《 薪割り》のごとく切り込み、パイプをねじつてはがし取る方法です。

                   

                  始めの方法で《ステム》の取り外しはなんとか成功。

                  しかし《シートポスト》はまったくびくともしません。残るは切断しかありません。

                   

                  フレーム内に入っているポスト長さは21cm、一般に市販されている金鋸の刃は25cm、

                  先ずは2ヶ所に切り込みを入れて二分割を試みますが、手前は切れても奥が上手く切れない。

                   

                   

                  この段階でペンチでひねってみますが微動だにしません!

                  仕方なく鋸からヤスリに工具を変更、朝と晩にひたすらヤスリ掛けすること一週間!(悪戦苦闘の数十時間)

                  一時は挫折し諦めかけた時もありましたが、やっと《シートポスト》が抜け・・・いや、取れました!

                   

                  《シートポスト》はほとんど原型を留めてませんね・・・ほとんどがアルミの粉末として無くなりました。

                  もう二度とこの作業はご免です。

                   

                   

                  ここまでくれば後はパーツの組み付けのみ、

                  結局《ブレーキ》・《ホイール》を残して他は全て新しいパーツに交換。

                  そして仕上がったNew Mixteかこちら

                   

                  before

                   

                  after

                   

                  またまた新しい相棒が加わりました。

                  | 自転車で走ろう | 20:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  ようやく《朝トレ》開始
                  0

                    ようやく本日から《朝トレ》開始しました。

                    7月開催の『那須・ロング』に向けてはもちろんですが、

                    先のオフシーズンに下腹部にため込んでしまった脂肪を何とかせねば!

                    現在前かがみでの仕事は苦しくてとても無理な状態!

                    まずいです!

                    (4月からは自転車通勤を始めてます。)

                     

                     

                    | 自転車で走ろう | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    今年も大人気の『那須・ロング』
                    0

                      先週15日の午後16:00、『那須高原ロングライド2017』のエントリー開始となりましたが、今年も大人気ですね〜

                      《ヒルクライム100 (700名) 》は56分、《那須DAKE80 (300名) 》は6時間、つづいて《チャレンジ70 (550名) 》がそれぞれ半日を待たずに即満員御礼!

                      20日には《芭蕉苦行75 (500名) 》を残して全コース(2,200名)がエントリー終了した様です。

                       

                      エントリー開始当日、私は『大田原屋台まつり』に参加中。

                      昨年もエントリー開始後早々に《満員御礼》になつた事もあり、(ならば急がねば)と開始時間に《まつり》を抜け出して《チャレンジ70》へのエントリー手続きをしましたが、後日にのばしていたら残念な結果になっているところでした。

                       

                       

                       

                      大会事務局でも準備が進んでいる様ですが、私も今年はこの様な物を準備してみました。

                       

                       

                      ロードレースで自転車に付けるナンバープレート。

                      (今年のエントリーナンバーはまだ分かりませんので昨年の番号で試作として作ってみました)

                       

                       

                      | 自転車で走ろう | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + LINKS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ