大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



<< 『ものつくり体験教室』勾玉つくり | main | 『五輪塔』をお勧めさせていただいております >>
祥雲寺の五百羅漢
0

    さて、『ものつくり体験教室』からの帰り道、金野さん宅にて一休みさせていただいたのですが、その際、金野さんが岡崎での修行から戻った間もない頃に造った釈迦像が近くのお寺にあるとの話を聞き、折角ですので案内してもらう事にしました。

     

     

    釈迦像は本堂裏手に祀られていました。

    台座から本体までの総重量二十数トンの釈迦座像!大きいですね〜

    お釈迦さまへの拘りを至る所に彫りこんだ力作!凄い!

     

    その巨像を支えるのは四隅の像と中央の亀

     

    又、これだけの巨像ですから工場内に原石を持ち込んでの作業は無理との事で、お寺の境内一角をお借りして野外で製作したそうですが、その過程を見守っていた檀家さんの中から(私も仏像を彫ってみたい)と言う声があがり、御住職と相談したところ折角だからと《羅漢の会》と称した彫刻の会を発足、毎週土曜日の午後1時から、金野さん指導の基に五百羅漢製作が始まったそうです。

     

    製作場は境内駐車場奥、会員の方なら好きな時間に作業出来るそうで現在も作業は続いています。

     

    羅漢と言っても普段目にする仏道修行の羅漢像の姿にこだわらずに《人物像》ならテーマは自由、自分の姿や家族の姿を彫っている方が多い様です。

    仲良し夫婦で一対の物、みんな立っているから私は逆立ち、蕎麦が好きだから蕎麦打ちから食べるまでのシリーズ物など様々、見ていて飽きません。

    現在四百数十体が完成し、先の釈迦像の廻りに納められています。

     

     

     

     

    ドラマのロケにも使われた事もあるそうで中々の雰囲気があります。

    境内を囲む山林の中には《三十三観世音》も祀られているそうですが、残念にも時間が足りません。そちらは次の機会のお楽しみと言う事で!

     

    皆さんも機会があれば是非ご覧になってください。お勧めです!

     

    曹洞宗 戸祭山 祥雲寺

    栃木県宇都宮市東戸祭1-1-16

    アクセスはこちら

      https://www.sho-un.jp/access/

    | 石工職人 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://b.e-sekizai.jp/trackback/1109007
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + PROFILE
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + LINKS
    + MOBILE
    qrcode
    + OTHERS
    このページの先頭へ