大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



<< 祥雲寺の五百羅漢 | main | 『笠間ストーンフェスティバル2019』に行って来ました >>
『五輪塔』をお勧めさせていただいております
0

    このところ、新規にお墓を求めるお客様のほとんどが《洋型》の石碑を求めてこられます。

    東日本の震災時に和型の石碑が多く倒壊した事、又、和型に比べて洋型の方が安価に出来る、などの理由からなのでしょうか?

    最近の新しいお墓を見ても洋型石碑のお墓が多く見られますし、取引業者の持ってくるパンフレット・チラシを見てもほとんどが洋型石碑ばかりです。

     

    当店では、「洋型石碑でお墓を造りたい」と来られたお客様には、まずその理由をお聞きします。

    当家の宗派が浄土真宗 (この場合はまた別な話になりますが) やクリスチャンである、又、求めた墓地が洋型の区画である。などの理由であれば別ですが、

    「なんとなく廻りのお墓が洋型だから」

    そういったお客様にはまず《五輪塔》についてのお話しをさせていただきます。

     

     

    一般的な宗派を前提にお話しいたします。

    《お墓》とはそもそも『ご先祖をお祀りし感謝、供養する所』です。

    《石碑》は【碑】ですから戒名等の文字を刻む物、別名《位牌墓》《世代墓》とも呼ばれます。

    それに対し《宝篋印塔》・《五輪塔》などの【塔】は供養塔ですのでご先祖を供養するお墓には必要な物になります。

     

    もし、《御予算》又《倒壊》の面で気になる様であれば、安価な材料で小さなサイズにする事で価格を下げる事も出来ますし、それこそサイズを小さくして重心を低く安定性をたもてば倒壊の危険性も少なくなります。

     

    小さなサイズの五輪塔 施工例

     

    こちらは先頃施工が終えたお墓です。

    サイズは9寸角、蓮華台が付いていますので背が高い分大きく見えますが、

    当初、施主様はやはり洋型石碑でとのお考えでした。

    特に洋型のこだわりお持ちでないようでしたので先の様なお話しをさせていただいたところ、

    施主様にも納得していただき五輪塔を建てる事になりまた。

     

    無事に《開眼式》も終えて施主様から

    「こうして出来てみると、《洋型》でなく《五輪塔》で造って良かったです。安心出来るお墓が出来ました。」

    と喜びのお言葉をいただきました。

    | 石工職人 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://b.e-sekizai.jp/trackback/1109008
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + PROFILE
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + LINKS
    + MOBILE
    qrcode
    + OTHERS
    このページの先頭へ