大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



『那須高原ロングライド2018』無事に完走!
0

    7月8日(日)に開催された『那須高原ロングライド2018』

    今年も《チャレンジ70km》コースを走ってまいりました。


    心配していた天気もどんよりとした曇り空、

    山岳での雨が心配されまたが

    一時シャワー程度の雨が降っただけで

    比較的涼しく走れた点ではある意味恵まれた天候でもありました。

     

     

    《前半の山場越え》ポイント《M.tジーンズエイド》

    昨年は後輪のスポークが折れて走行不能になるアクシデントに見舞われ、無念にも棄権を決断した苦い思い出の残るポイントでもありますが、今年は無事に到着です。

     

     

    毎年の事ですがトレーニング不足で臨んでいる那須・ロング、

    足に不安があった物の結構動いてくれていましたね。

    途中《足付き》もなく70kmコースの最高峰地点に到着。

    『八幡崎展望台』標高1,040m

    そして山岳コースを制覇した者だけへのご褒美《うなぎり》

    昨年はいただけなかっただけに美味しさは格別!

     

     

     

    この後は那須を下り芦野町までほぼ下り、

    《道の駅エイド》そして最後のエイド《遊行柳エイド》を過ぎてゴールを目指すわけですが、

    ラスト6kmのコースが一部変更になっており、なんだか上りが増えてませんか!?・・・

    特にゴール手前3km付近の直線の上り坂はキツカッタです!

     

     

     

    そんなこんなで今年は無事に完走する事が出来た『那須・ロング2018』

    やはり《上りきった!・走りきった!》この《達成感》が何とも言えません。

    最近は二女もロードバイクに乗りたいなんて言ってます。

    来年は親子3人とプラスαでの参加になりますかな?

     

     

    | 自転車で走ろう | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    明日は天候に恵まれますように!
    0

      今夜は《七夕》

      残念ながら星空は見えませんが・・・

      願いはただ一つ!

       

      明日の『那須高原ロングライド2018』

      天候に恵まれますように!

      | 自転車で走ろう | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      技能検定《石張り作業》リハーサル
      0

        昨日関東地方に《梅雨明け宣言》が出された様で

        いよいよ夏本番を迎えようとしております。

         

        そしてこの時期と言えば技能検定(前期)試験。

        石材施工(前期)の《石張り作業》試験は7月10日に実施いたします。

        今年は1級受験者4名、2級受験者1名の計5名。

         

        昨日、某石材さんの工場をお借りしてリハーサルが行われました。

        (1級受験者1人欠席)

         

        (※試験当日は長袖作業着・ヘルメットの着用がお約束です。)

         

        標準時間(3時間30分)経過

        両側の二人は仕上げ段階に入ってますが、間の二人は・・・

         

        打ち切り(4時間)で終了。

        両側の二人は標準時間20分程オーバーで完成、間の二人は完成することが出来ませんでした。

         

         

        終了後、それぞれの作品を見せてもらった結果、4名共それぞれ《仕様》に改善点が見受けられました。残り9日、あまり時間がありませんが全員合格を目指して頑張ってほしいものです。

        | 石工職人 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        梵字の《薬研彫り》が完了
        0

          五輪塔の四方、全20文字の《薬研彫り》が完了しました。

           

          正面(東面)【発心門】キャ・カ・ラ・バ・ア

           

          右面(南面)【修行門】キャー・カー・ラー・バー・アー

           

          裏面(西面)【菩提門】ケン・カン・ラン・バン・アン

           

          左面(北面)【涅槃門】キャク・カク・ラク・バク・アク

           

          今回、《薬研彫り》を施すにあたり、改めて五輪塔・梵字について色々調べましたが理解するのは中々難しいですね、奥が深いです。

          例えば五輪塔四方の【発心門】【修行門】【菩提門】【涅槃門】は《悟りへの四段階》を表しているそうです。

          hsnemuさんのブログより。

          http://blog.livedoor.jp/hsnemu/archives/4576773.html

           

          梵字・薬研彫りについては茨城県真壁町の『坂口石材工芸』さんのホームページ

          「五輪塔に彫る梵字の意義と薬研彫りについての解説を掲載しました。」

          http://www.sakaguchi-sekizai.co.jp/7966.html

          より抜粋して使わせていただきます。

           

          『五輪塔に梵字の種子を彫るのは、そこに仏を迎えて仏塔にするためで、祖霊を祀るにふさわしい清淨な淨土にすることができます。梵字、とくに日本に伝えられた悉曇梵字は、古代インドの美しい文字ですが、仏教経典の原典の記述に使われた神聖な文字でもあります。そして梵字の種子とは、仏や菩薩が包蔵する仏智や仏果など一尊のもつすべてを一字の梵字で象徴表示するものです。すなわち、種子は単なる仏のイニシャルではなく、仏そのものと考えられ、各尊の尊名、あるいは真言(さとりを成就するための真理を梵字に託したもの)から一字をとっています。

           

          この梵字は、僧侶によって仏塔に墨で書かれたこともありましたが、正しくは薬研彫りという方法で一字一字、ていねいに彫られます。漢方で薬種を粉にするときの器具を薬研といいますが、この器具のようにV型に彫り込んで舟型になる彫り方を薬研彫りといいます。』

           

           

           

          以前にも一度、お寺からのご指導で四方に梵字を刻んだ事がありましたが、(その時は《サンドブラスト》で一般的な彫りでした)やはり《薬研彫り》ですと《風格》が感じられて良いですね!

          また機会があれば刻んでみたいと思います。

           

          | 石工職人 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『梵字』の薬研彫り
          0

            以前から (やらなければ!) と思っていた小タタキ五輪塔の梵字の《薬研彫り》

            ようやく着工いたしました。

             

            始めはどの様に《ノミ》を入れたら良いのかおっかなびっくりで始めましたが、

            要領をつかめば思っていたより簡単です。

             

             

            昨日で二日目、《空》・《火》・《水》・《地輪》の正面が彫り終わりました。

             

            こうして見ると薬研彫り梵字の五輪塔・・・

            完成が楽しみです!

             

             

            | 石工職人 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            + PROFILE
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            このページの先頭へ