大田原にある精工石材店のブログ

お墓、墓石のことはもちろん、日常の出来事など、色々な事をご紹介いたしております。

会社ホームページは、≪リンク≫の 「 精工石材店のHP 」 から、ご覧いただけます。



梵字の《薬研彫り》が完了
0

    五輪塔の四方、全20文字の《薬研彫り》が完了しました。

     

    正面(東面)【発心門】キャ・カ・ラ・バ・ア

     

    右面(南面)【修行門】キャー・カー・ラー・バー・アー

     

    裏面(西面)【菩提門】ケン・カン・ラン・バン・アン

     

    左面(北面)【涅槃門】キャク・カク・ラク・バク・アク

     

    今回、《薬研彫り》を施すにあたり、改めて五輪塔・梵字について色々調べましたが理解するのは中々難しいですね、奥が深いです。

    例えば五輪塔四方の【発心門】【修行門】【菩提門】【涅槃門】は《悟りへの四段階》を表しているそうです。

    hsnemuさんのブログより。

    http://blog.livedoor.jp/hsnemu/archives/4576773.html

     

    梵字・薬研彫りについては茨城県真壁町の『坂口石材工芸』さんのホームページ

    「五輪塔に彫る梵字の意義と薬研彫りについての解説を掲載しました。」

    http://www.sakaguchi-sekizai.co.jp/7966.html

    より抜粋して使わせていただきます。

     

    『五輪塔に梵字の種子を彫るのは、そこに仏を迎えて仏塔にするためで、祖霊を祀るにふさわしい清淨な淨土にすることができます。梵字、とくに日本に伝えられた悉曇梵字は、古代インドの美しい文字ですが、仏教経典の原典の記述に使われた神聖な文字でもあります。そして梵字の種子とは、仏や菩薩が包蔵する仏智や仏果など一尊のもつすべてを一字の梵字で象徴表示するものです。すなわち、種子は単なる仏のイニシャルではなく、仏そのものと考えられ、各尊の尊名、あるいは真言(さとりを成就するための真理を梵字に託したもの)から一字をとっています。

     

    この梵字は、僧侶によって仏塔に墨で書かれたこともありましたが、正しくは薬研彫りという方法で一字一字、ていねいに彫られます。漢方で薬種を粉にするときの器具を薬研といいますが、この器具のようにV型に彫り込んで舟型になる彫り方を薬研彫りといいます。』

     

     

     

    以前にも一度、お寺からのご指導で四方に梵字を刻んだ事がありましたが、(その時は《サンドブラスト》で一般的な彫りでした)やはり《薬研彫り》ですと《風格》が感じられて良いですね!

    また機会があれば刻んでみたいと思います。

     

    | 石工職人 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    『梵字』の薬研彫り
    0

      以前から (やらなければ!) と思っていた小タタキ五輪塔の梵字の《薬研彫り》

      ようやく着工いたしました。

       

      始めはどの様に《ノミ》を入れたら良いのかおっかなびっくりで始めましたが、

      要領をつかめば思っていたより簡単です。

       

       

      昨日で二日目、《空》・《火》・《水》・《地輪》の正面が彫り終わりました。

       

      こうして見ると薬研彫り梵字の五輪塔・・・

      完成が楽しみです!

       

       

      | 石工職人 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      『栃木県石工技能士会』会長に就任
      0

        昨日開催の

        『第八回  栃木県石工技能士会総会』において

        第三代会長に就任する事となりました。

         

        性格柄、会長・部長といった役職には不向きな私ですが

        選ばれたからには石工技能士会の発展の為に努力する所存です!

         

        会員、そして関係者の皆様、宜しくお願いいたします。

         

        | 石工職人 | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        久しぶりの投稿です
        0

          ゴールデンウイークも真っ只中

          皆様いかがお過ごしでしょうか?

           

          さて、前回の投稿から丁度二カ月、だいぶご無沙汰しておりましたが、

          じつは、先の三月末に母が事故にあい他界いたしました。

          突然の母の死から本日がちょうど《六七日》、家族の都合で一週間早いですが《四十九日法要》を本日済ませました。

           

          始めの一か月間は行政関係や保険関係の手続きなど、

          仕事の合間に手続きをしているのか、手続きの合間に仕事をしているのか訳の分からないままあっと言う間に過ぎて行きましたが、ここへ来てようやく家族皆気持が落ち着いてきた様に思います。

           

          このままさらに、

          あっと言う間に《百ケ日》から《初盆》、《一周忌》となるのでしょうが

          この《バタバタ感》が訳の分からないまま日常の感覚に戻してくれている様に思います。

           

          話しは変わりますが

          明日は帰郷した長女と今年の『那須・ロング』にむけての試走を予定しております。

          天気が良ければ良いのですが・・・

          | 日常のあれこれ | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『真壁のひなまつり』
          0

            本日は茨城県の真壁町で開催されている『真壁のひなまつり』を見にいってまいりました。

             

            このイベントは、2月4日から本日3月3日までの1か月間、真壁町の個人宅や商店の店先に《雛飾り》を飾って「町に来てくれたお客さんに見てもらい、《おもてなし》をしましょう。」と言うところから始まった町全体の一大イベントだそうです。

            先日、以前から拝見している茨城県の某石材店さんのブログの紹介で知ったのですが、古い町並みの中に素朴で楽しさを感じる雰囲気に引かれ、久しぶりに妻子を連れて出かける事といたしました。

             

            真壁町は城下町の造りで古い建物のが残る《昭和》の雰囲気を残す町並。

            とてもなつかしさを感じます。

             

             

             

             

            【雛飾り】はこの様にお店に飾ってあったり

             

            民家の土蔵の中に飾ってあったり (※注 看板のある処のみ観覧出来ます)

             

            こじんまりとしたお飾りから

             

            変わり雛?

            立派な段飾りの物まで

             

            こちらは江戸から昭和の頃の物まで、お見事です

             

            そして真壁と言えば《石の町》でもあります!

            石で造った本格的な雛飾りもあれば

            こんなお飾りも

            ほんと!楽しいですね〜

             

            こちらはブログで紹介されていた《宮本精肉店》さん。

            一個¥50のコロッケが名物だとか。

            やはりお客さんがならんでます。

            私達も早速ならんでコロッケを購入・・・

             

            う〜ん・・・うまい!

            って! 

            しまった!

            写真を撮るのを忘れて食べてしまいました〜

             

            仕方がないので《石ちゃん》の「まいう〜」の写真でお楽しみください。

             

            他にも肉系・お惣菜・スイーツなどのおもてなしの出店もより取り見取り。

             

            こちらもご紹介のお店です。

            のぼりの《ラーメン》が目的でしたが、店内満員御礼の為に店先での《モツ煮》に変更、

             

            しっかり煮込まれたモツはとろっとろ。

            美味しかったです!(これで酒が飲めれば!・・・残念!)

             

            町の中心部を散策する事3時間

            まだまだ見足りないところもあることと思いますが、又来年の楽しみに取っておくとして帰路に付きます。

            車内で思うに

            (そう言えばしばらく雛飾りを出していないな〜)

            来年は我が家でも久しぶりに雛飾りを出しますか!

             

             

             

            | 日常のあれこれ | 20:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>
            + PROFILE
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            このページの先頭へ